space
  space

■先端特化Q&A【事業再生】


ここでは、事業再生に関して、日常よく出くわす身近な問題を中心にQ&A形式でわかりやすく解説しています。日頃の経営問題の解決にお役立て下さい。

17/084 再生-036 早期経営改善計画について

 最近、早期経営改善計画の作成という話を聞いたのですが、通常の経営改善計画とは何が違うのでしょうか?

 早期経営改善計画は、金融支援を目的としない計画をいいます。

早期の経営改善計画とは
金融支援を目的とせず、早期から自己の経営を見直すことを目的に経営計画を作成し、金融機関に提出します。
通常の経営改善計画とは
金融支援を目的として、金融機関から返済条件の緩和を受ける等の金融調整を伴う、本格的な経営改善計画をいいます。
早期経営改善計画書の作成メリット
  1. 経営の見直しにより課題の発見や分析につながります。
  2. 資金繰りの把握につながります。
  3. 金融機関に事業の将来像を知ってもらう事につながります。
早期経営改善計画書の作成相談について
まずは、各都道府県に設置されている経営改善支援センター 若しくは メインバンク または 専門家に御相談下さい。
認定支援機関による策定支援を受ける場合には、専門家費用の2/3(上限20万円)を国から補助を受ける制度があります。

参考文献<中小企業庁HP>

(平成29年8月掲載)

※本問は掲載時点の法律・法令等に基づいて作成されていますので、その後の改正等に御注意下さい。また、本問を参考に意思決定をする場合は、必ず信頼できる専門家の助言、確認を受けていただくよう、お願い致します。

icon先端特化Q&A【事業再生】目次へ戻る


© Partners Project - All rights reserved.