space
space
■Q&A【法律】
line

ここでは、法律・税務・社会保険に関して、日常よく出くわす身近な問題を中心にQ&A形式でわかりやすく解説しています。日頃の経営問題の解決にお役立て下さい。

14/10 法律-151 他人の土地が自分のものに?

 他人の土地を占有し続けることによって自分のものにすることが出来るという話を聞いたのですが、そんなうまい話があるのでしょうか。

簡単ではありませんがあります。それは 「取得時効」 のことかと思います。
解説

 取得時効の完成要件は以下の通りとなっています。

  1. 占有
    自己のためにする意思をもって物を所持すること
  2. 「所有の意思をもって」する占有であること
    所有者の行う占有・・・自主占有
  3. 「平穏且つ公然」の占有
    平穏とは、暴行や脅迫によらないこと、公然とは、密かに隠していないこと
  4. 「物」の占有
    他人の物の占有
  5. 一定期間以上の占有継続
    長期取得時効期間・・・20年
    短期取得時効期間・・・10年(占有者が物の占有開始時に善意無過失であった場合)
  6. 時効の援用
    当事者の意思表示によって時効は完成する。
    ・・・時効完成後は弁護士に相談されるのがよろしいでしょう。

参考文献<『民法の基礎 1』(蒲L斐閣)>

(平成26年10月掲載)

※本問は掲載時点の法律・法令等に基づいて作成されていますので、その後の改正等に御注意下さい。また、本問を参考に意思決定をする場合は、必ず信頼できる専門家の助言、確認を受けていただくよう、お願い致します。

iconQ&A法律目次へ戻る

line
© Partners Project - All rights reserved.