space
space
■Q&A【法律】
line

ここでは、法律・税務・社会保険に関して、日常よく出くわす身近な問題を中心にQ&A形式でわかりやすく解説しています。日頃の経営問題の解決にお役立て下さい。

14/01 法律-142 共有所有の土地を他人に貸すとき

 私と姉で半分づつの持分の共有の土地があります。その土地を友達に貸してほしいといわれ半分友達に貸そうと思いますが、姉の貸していいという同意も必要なのでしょうか?

はい、必要です。
解説

 共有物※の利用は保存行為(民法252条但)管理行為(民法252条本文)変更(民法251条)、処分行為(条文はなしですが民法251条を参照)とあります。

 今回の不動産賃貸は共有物に関する「管理行為」にあたり、共有者の持分価格の過半数の同意が必要です。(民法252条本文)。

 今回の場合2人で共有です(尚、規定がない場合には、持分権の割合は均等であると推測されます)。持分価格の過半数が必要となりますとお姉さんの同意も必要ということになります。

※1つの物を複数人が共同で所有することを、共同所有といいます。共同所有も物所有の1つの形態でありますから、共同所有者は、物を管理・利用・処分することができます。単独所有者と同じというわけにはいきません。それでは、他の共同所有者の権利を制約することになるからです。

(平成26年1月掲載)

※本問は掲載時点の法律・法令等に基づいて作成されていますので、その後の改正等に御注意下さい。また、本問を参考に意思決定をする場合は、必ず信頼できる専門家の助言、確認を受けていただくよう、お願い致します。

iconQ&A法律目次へ戻る

line
© Partners Project - All rights reserved.