space
space

■事業承継パック

line
事業承継に関してこんな問題でお悩みの方にお勧めです。
  • 2代目へのスムーズなバトンタッチをするには?
  • 後継者となりうる人材がいないので不安である?
  • 事業承継で株式を異動した場合の税金対策がわからない?
  • 社長を勇退するのに一番適切な時期は?
  • 将来の設計を立てたい

■事業継承パックの内容

line

経営者とは、未来永劫にわたり会社の存続と繁栄を願ってやまないものです。会社を事業を継続させていくには後継者を育て、スムーズにバトンタッチをしていくことが重要です。

後継者対策
経営者自ら生前に後継者を選び、育成し会社の内外に認めさせましょう。
経営者育成のポイントは
 (1)事業内容を把握しての決断力
 (2)経営計画立案能力
 (3)経営者としてのリーダーシップ
 (4)会社全体の調整能力
などです。
株式評価対策
事業を引き継ぐことは株式を引き継ぐことでもあります。
「いつ」「どれくらい」を「売買」か「贈与」でやるのか、事前に計画をしておく必要があります。いずれの場合も税金が絡んできますので要注意!
相続対策
生前から計画的に長期間かけておこなう必要があります。その時がきてからでは遅いのです。
自分の財産を評価し、どの財産を誰に引き継ぐのか、いざというときの申告納税の準備まで考えておくことが大切です。

このように事業を承継していくにはいくつかの対策が必要となってきます。
経営者の悩みをあらゆる面から支援いたします。


ご相談お申し込みはこちら

© Partner's Project - All rights reserved.